MENU

Switch有機ELに保護フィルムはいらない?【体験談】種類と選び方をご紹介!

switch 有機el保護フィルム いらない

この記事では、Switch有機ELは保護フィルムいらないをテーマに書いています。

Switch有機ELに保護フィルムはいる?いらない?悩みますよね。

というのも、有機ELには元々飛散防止のフィルムが貼られているからです。

SNS上では、「Switch有機ELは保護フィルムいらない」という声も多いです。

しかし、丁寧に使っているつもりでも、ディスプレイに傷は付いてしまうもの。

そんなとき必要になるのが保護フィルムです。

今回は保護フィルムを貼るメリット選び方などを詳しくご紹介いたします。

目次

Switch有機ELは保護フィルムいらない?スイッチライトは?

switch 有機el 保護フィルム いらない

それでは早速、Switch有機ELは保護フィルムいらないのか紹介していきます。

結論から言うと、Switch有機ELに保護フィルムは必要です。

スイッチライトも同様、貼ることをおすすめします。

先ほど説明したように、Switch有機ELには飛散防止フィルムが貼られています。

しかし飛散防止フィルムは、あくまで画面が割れたときに破片が飛び散るのを防ぐものです。

なので、傷や汚れから守る役割は果たしません。別途保護フィルムを貼る必要がありますね!

また、スイッチライトは従来のSwitchとおなじく、ディスプレイがガラスではなく樹脂でできています。

樹脂はガラスと比べ傷が付きやすい素材のため、保護フィルムを使用したほうがいいでしょう。

Switchに保護フィルムを貼るメリット

スイッチ 有機el 保護フィルム いらない

ここからはSwitchに保護フィルムを貼るメリットについて、詳しく見ていきましょう。

  • ディスプレイ本体に傷が付かない
  • 画面が破損したとき保護フィルムが守ってくれる
  • ブルーライトの防止ができる

ディスプレイ本体に傷が付かない

保護フィルムの1番の役割は、傷を防ぐことです。

ゲームをしているとき、Switch本体を机などに置くときやドッグから抜き差しするときなど、丁寧に使っているつもりでも傷が付いてしまうことがあります。

保護フィルムがないと本体に傷が付き修復できません。

しかし、保護フィルムなら傷が付いても新しいものに張り替えるだけなので、ディスプレイ本体は綺麗なままです。

有機ELには飛散防止フィルムが付いているので、傷が付いてもこれを張り替えればいいのでは?と思うかもしれません。

ですがこの飛散防止フィルム、一度はがすと元に戻したり貼りなおしたりすることができない仕様になっているのです。

そのためディスプレイの傷を防ぐためには、保護フィルムが必要です。

画面が破損したとき保護フィルムが守ってくれる

Switch本体を高いところから落としてしまった、ディスプレイの上にものを落としてしまった、そんなとき保護フィルムがあると安心です。

ガラスタイプの強度の強いフィルムであれば、フィルムを貫通せずディスプレイを守ってくれる可能性が高いからです。

もちろん、破損時の衝撃によって守りきれないこともありますが、それほど大きな破損でなければフィルムが衝撃からディスプレイを守ってくれます。

ブルーライトの防止ができる

ブルーライトカット機能が付いた保護フィルムなら、ゲーム中の目の疲れも予防できます。

長時間ゲームをしていると、目が疲れてしまうことがありますよね。

ご存じの方も多いと思いますが、目の疲れはディスプレイから発せられるブルーライトが主な原因です。

ブルーライトは目の疲れだけでなく、視力低下や自律神経の乱れ、不眠などにも繋がるといわれています。

とくに長時間ゲームをする人なら、ブルーライトカット機能付きの保護フィルムがおすすめですよ。

Switch保護フィルムの種類と選び方は?

switch 画面保護シート いらない

ここからは、保護フィルムの種類と選び方をご紹介します。

保護フィルムには「PET素材」と「ガラス素材」の2種類があります。

PET素材はポリエチレンテレフタレーといわれるポリエステルの一種で作られていて、ガラス素材のフィルムより比較的お値段もお手頃です。

光沢があるものもあれば、指紋などの汚れがつきにくい光沢なしのものもあります。

使っているうちに細かい傷が目立つようになってきたり、はがれやすかったりするため、数か月ほどで張り替えが必要になることもあります。

一方でガラス素材は、PET素材と比べ値段が高い傾向にありますが、はがれにくく衝撃から守ってくれるメリットがあります。

ガラスなので割れやすいですが、もし割れてもディスプレイまで貫通しにくいので、本体に傷やヒビなどが付きにくいです。

また透明度が高いので、画面も見やすいですよ。

一度貼れば割れるまで張り替えの必要がない、衝撃に強い、画面が見やすい、という点からガラス素材がおすすめです。

使用頻度が少なく持ち運ぶこともない、という方なら手ごろな価格から購入できるPET素材でもいいでしょう。

Switch用の保護フィルムのおすすめ

スイッチ 保護フィルム いらない

実際にどの保護フィルムを買えばいいのかわからない!

という方のために、種類別におすすめの保護フィルムをご紹介します。

購入時の参考にしてくださいね。

Switch

Switchで使えるオススメ保護フィルムが「Agrado

硬度10Hものガラスフィルムを使い、99%ものブルーライトカット機能を持つ優れたアイテムです。

硬度10Hは落下から守ってくれるのはもちろん、鍵などの固いものと一緒にバッグにいれていても傷が付かないほど、強いガラスです。

さらには透過率99%のため、ブルーライトカットの付いたフィルムにありがちな色みがかった加工もありません。

本来のディスプレイと変わらない美しさでゲームができますよ。

Switch有機EL

Switch有機ELモデルにオススメなのが「シズカウィル

日本産で高品質な日本旭硝子を使った、有機EL専用のガラスフィルムです。

フッ素コーティングとプラズマ溶射処理を施すことで、ガラスの表面はとてもなめらかになっていて、タッチプレイ中のストレスもありません。

硬度9Hで強い衝撃や傷からディスプレイを守り、ブルーライトカット機能搭載で目の疲れからも守ってくれます。

スイッチライト

スイッチライト用は「YOSH」がオススメ!

ブルーライトを95%も軽減してくれるガラスフィルムです。

飛散防止と9Hの高い硬度で、破片の飛び散りやディスプレイ割れを予防してくれます。

また、厚さ0.26mmの極薄ガラスを使っているので、ノーフィルムのような美しい画面でゲームができますよ。

指紋や汚れ防止機能もあるので、もし汚れてしまっても乾いた布などで拭き取ればすぐきれいになります。

まとめ

Switch有機ELの保護フィルムについてご紹介しました。

Switchを日頃から使っている私のおすすめは、目の疲れを防いでくれ、傷や衝撃から守ってくれるという点から、ガラス素材のブルーライトカット機能が付いた保護フィルムです。

1年ほどガラスフィルムを付けてSwitchを使っていますが、今のところ目立った傷もないし張り替えの必要もありません。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、保護フィルムを選んでみてくださいね。

あわせて読みたい
スイッチのSDカードなんでもいい?選び方まとめ この記事では、「スイッチ sdカード なんでもいい」について書いています。 Switchを購入したけど、SDカードが別売りだった……。 SDカードの種類が豊富で何を選べばいい...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次