MENU

スイッチは中古で十分?デメリットと注意点をご紹介!

スイッチ 中古 で 十分

この記事では、スイッチは中古で十分?について書いています。

多くの方に愛されているSwitch(スイッチ)

大人から子供まで楽しめるので買いたいと思う方は多いですよね。

しかし、スイッチの新品は現行モデルでも3万円以上するので、できれば中古で安く買いたいところです。

とはいえ、一度人の手に渡ったゲーム機を使うのは、なんだか不安があります。

中古であっても安くない買い物なので、後悔したくないですよね。

そこで今回は、スイッチは中古で十分?をテーマに、中古で買うデメリット・メリット、注意点を紹介します。

これからスイッチを買う予定の人は、購入前に参考にしてみてください。

目次

Switch(スイッチ)は中古で十分?

スイッチ 中古 で 十分

それでは早速、スイッチは中古で十分なのか紹介していきます。

結論から言うと、

中古はデメリットが多いのでオススメできません!

安く購入できても、満足できない使い心地になる恐れがあるからです。

中古は、バッテリーやハードの劣化保証が付かないなど、問題点が多くあります。

外見がきれいであっても、内部が損傷している場合も。

特に、バッテリーの劣化は見落としがちですが、気を付けなくてはなりません。

前に使っていた人がフィルムやカバーを付けて、丁寧に扱っていたとしても、毎日3年以上プレイしていれば、バッテリーがかなり消耗された状態になります…。

バッテリーの持ちが悪いと、頻繁に充電する必要がでてきます。

携帯モードで持ち歩いて使いたい人にとって、充電の持ちが悪ければ使い勝手が悪くなります。

スイッチは約800回繰り返して充電すると、新品購入時の約80%までバッテリーが消耗します。
参考:【Switch】本体やコントローラーの内蔵バッテリーの寿命はどれくらいですか?

スイッチの中古は、新品と比べて問題点が多いのでやめたほうがいいですね。

Switchは、買う場所によってはお得に買うことできます!

別記事のSwitchはどこで買うのがお得?で新品を5,000円ほどお得に買う方法を紹介しているので、是非チェックしてください。

あわせて読みたい
【2024年版】Switchはどこで買うのがお得?取扱店・販売店まとめ この記事では、Switchはどこで買うのがお得について書いています。 子供だけでなく大人にも人気な「Switch」 様々なゲームを楽しめるので、自分も買ってみようという方...

中古のSwitch(スイッチ)を買うデメリット

ここからは、中古のスイッチを買うデメリットをご紹介します。

主に4つのデメリットがあります。

  • バッテリーが消耗している
  • すぐに壊れる恐れがある
  • 保証サービスが受けられない
  • 本体がBANされている可能性

バッテリーが消耗している

先ほど説明したように、中古のスイッチはバッテリーが消耗しています。

前使っていたという事実がある限り、バッテリーの持ちは新品に比べて確実に落ちています。

本来の、フル充電後のバッテリー持続時間は以下のとおりです。

スイッチ(有機ELモデル/現行モデル):約4.5時間~9.0時間

スイッチ(旧モデル):約2.5時間~6.5時間

スイッチライト:約3.0時間~7.0時間

参考:【Switch】本体やコントローラーのバッテリー持続時間を知りたい。

充放電を繰り返すと、バッテリーが劣化し、持続時間が減るんです。

充電できなくなったり、充電しても長く使えなくなったりしたら、バッテリー交換をする必要があります。

注意しておきたいのが、中古のスイッチは保証期間であっても無償で修理を頼めないこと。

スイッチの中古品でバッテリー交換をするなら、修理代として4,950円かかります。
参考:修理の参考価格 Nintendo Switch

中古で安く買えても、修理代を含めれば新品を買える値段になります。

しかし、修理代を出し惜しみすると、バッテリーがすぐ減り、いちいち充電する手間も付きまといます。

新品を買ったほうが、バッテリーの劣化を気にせず快適に遊べちゃいます。

故障する可能性が高い

中古のスイッチは、故障する可能性も高いです。

中古の大きなデメリットは、前の人の使い方によって故障のリスクが上がっています。

  • 落としたりぶつけたりして、変形しているかもしれない。
  • 前の人が乱暴に扱っていたら、内部が破損している。
  • ジョイコンが消耗している可能性がある。

特に、スイッチは持ち歩いて遊べるのが魅力的なハードです。

それゆえに損傷しやすいリスクもあります。

もし以前の人が乱暴な扱いをする人であれば、変形や損傷による故障のリスクが高くなります。

私も、中古のスイッチを購入しましたが、すぐにジョイコンの調子が悪くなりました。

自分で修理キットを使って直しましたが、手間と時間がかかり、もちろん修理代も払うハメに。

修理キット代で2,000円かかったので、中古本体の代金に上乗せすると、新品を買ったほうがお得だったなと後悔しています。

中古品は、誰がどんな使い方をしていたのか、不明なのが怖いところです。

故障のリスクを考えて、初期不良でも無償で修理してもらえる、新品を選んだほうがいいでしょう。

特にジョイコンは壊れやすいので注意が必要です。

あわせて読みたい
ジョイコンは壊れやすい?壊れる原因と対処法まとめ この記事では、ジョイコンは壊れやすいについて書いています。 大人気ゲーム機のSwitchですが、コントローラーのジョイコン(Joy-Con)が壊れやすいとユーザー間で度々...

保証サービスが受けられない

中古のスイッチは、任天堂のメーカー保証が受けられません。

新品で購入した場合、保証期間は購入日から1年です。

保証期間内であれば、無償で修理をしてもらえます。

修理対象は、ユーザー側が正しい使い方をして発生した故障に限ります。

中古の場合、購入して1年以内であっても修理代は自腹です。

ただ実店舗で購入すれば、短期間ではあるものの保証サービスがあるところもあります。

中古の初期不良が気になるなら、保証サービスがある店舗を選んだほうがいいですね!

本体がBANされている可能性

中古のスイッチを買うと、本体がBANされているものを選んでしまうかもしれません。

BANとは、「アカウント停止」を意味します。

前使っていた人が、チートや改造など不正行為をしていた場合、任天堂からBANの措置を取られます。

BANの種類には3種類あります。

  • 本体BAN
  • アカウントBAN
  • IP BAN

この中で一番厳しいものが、本体BANです。

スイッチ本体がBANされてしまえば、オンラインサービスが利用できなくなります。

本体自体がBANされているので、初期化しても何をしてもBANの解除は不可能

オンラインで遊べないだけでなく、eshopにもアクセスできません。

中古のスイッチでBANされていたら、友達・知人とマルチプレイで遊ぶこともできません!

BANのスイッチを引きたくないなら、中古を取り扱っているゲームショップを選びましょう。

購入前に本体を確認できるので、BANのスイッチを引く確率を減らせます。

中古のSwitch(スイッチ)を買うメリット

もちろん、中古のスイッチを買うメリットもあります。

  • お得に購入できる
  • 限定モデルが買える

それぞれ、説明していきます。

お得に購入できる

中古なので、新品に比べて安く購入できます

一度、人の手に渡ったモノなのでどうしても価値は下がります。

ですが、初期コストを抑えたい人にとって、中古はありがたい存在。

あとから発売された有機ELモデルも、メルカリだと約32,000円(税込)で購入できます。

定価だと37,980円(税込)するので、約6,000円安く買える計算に。

「多少の使用感があっても気にしない」人は中古で購入してもいいでしょう。

限定モデルが買える

当時入手できなかった限定モデルも、中古であれば購入できます。

発売当初は入手困難で、手に入れたくても買えなかった人も多いでしょう。

過去に発売された、スイッチの限定モデルは以下のものがあります。

  • 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット
  • ドラゴンクエストXI S ロトエディション
  • あつまれどうぶつの森セット
  • モンスターハンターライズ スペシャルエディション

このほかにも、有名なゲームタイトルを中心に限定モデルが出ていました。

新品だとまだ高いですが、中古であれば、通常のスイッチ中古と同じくらいで購入できます。

これからスイッチを購入したい人は、過去の限定モデルを安く購入できるチャンスです。

限定モデルはデザインにこだわっていて、キャラクターやロゴが描かれています。

好きなゲームタイトルであれば、ゲームがより楽しくなりそうです。

中古のSwitch(スイッチ)を買う時の注意点

スイッチ 中古 注意点

どうしても中古のスイッチを買いたい場合には、以下の2つに気を付けてください!

  • 付属品がそろっているか確認する
  • ハードの状態を見極める

それぞれ詳しく解説していきます。

付属品がそろっているか確認する

中古のスイッチを購入する際は、付属品がそろっているか確認します。

それは、中古で安く売られていた場合、付属品が欠品している可能性があるからです。

スイッチの付属品は以下のとおりです。

  • Nintendo Switch本体
  • ジョイコンL,R(セットにより色が異なります)
  • Nintendo Switchドック
  • ジョイコングリップ
  • ジョイコンストラップ
  • Nintendo Switch ACアダプタ
  • HDMIケーブル
  • セーフティーガイド

中古だと、ACアダプタやHDMIケーブルが不足しているケースがあります。

その場合には、自分で用意する必要があり、すぐに遊べないかもしれません。

中古でスイッチを購入するなら、まずは付属品がきちんとそろっているか見ましょう。

もし、すぐに売りたいときも、付属品があれば商品価値を落とさずに売り出せます。

ハードの状態を見極める

中古でスイッチを購入したい場合は、ハードの状態をしっかり確認します。

ぱっと見「きれい」と思っても、画面のキズや裏側に損傷があるかもしれません。

中古で極端に安いのには、そういった理由があるのです。

今はフリマアプリも主流ですが、中古で買うなら実店舗での購入がおすすめ

実店舗なら、実際に現物を確認できるので、キズや汚れの見落としが減ります。

どうしてもフリマアプリで買いたい場合は、出品者へ気になる点を問い合わせましょう。

どの程度のキズや汚れなのか、写真を撮ってもらうと安心できます。

使用期間を確認する

中古のスイッチを選ぶ際には、購入してから使用期間が2年以上のものは避けましょう。

使用期間が2年を超えると、内部基板の劣化やバッテリー寿命が心配されます。

スイッチの内部基板は、ICチップやコンデンサなどの部品が、長期間の使用や発熱により劣化していきます。

バッテリーも同様に、毎日プレイして充放電を繰り返すと、およそ2〜3年で寿命を迎えます。

たとえ、使用者が丁寧に扱っていても、使用期間が長いとその分スイッチが壊れやすくなるのです。

中古のスイッチを買うなら、購入からどのくらい経ったのか確認しておきましょう。

まとめ

スイッチを中古で買うのは、やめるべきですね!

  • バッテリーが消耗している
  • すぐに壊れる恐れがある
  • 保証サービスが受けられない
  • 本体がBANされている可能性

バッテリーの問題や、故障のリスク、保証のことを考えると新品のほうがおすすめです。

中古で初期費用を抑えても、ハズレを引いてしまったら、修理代がかかる可能性があります。

新品であれば、メーカー保証があるので、初期不良も無償で修理してもらえます。

多少高くても、長く使うことを考えれば新品で買ったほうがお得でしょう。

あわせて読みたい
【2024年版】Switchソフトを安く買う方法6選 この記事では、Switchソフトを安く買う方法について書いています。 子供から大人まで様々なゲームを楽しめるSwitch! 魅力的なソフトがたくさんありますよね。 色々なゲ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次