MENU

【2024年版】Geforce Now用コントローラーおすすめ9選!iPhone・Androidなど

geforce now コントローラー おすすめ

この記事では、Geforce Now用コントローラーおすすめについて書いています。

「GeForce Now」は、あらゆるデバイスでゲームが楽しめるクラウド型のゲームサービス。

ソフトを購入せずに、FPSやRPG、アクションなど、多種多様なゲームができます。

様々なゲームを遊ぶためには、操作性に優れたコントローラーがマストアイテムですよね!

特にスマホで遊ぶなら、タッチ操作よりも、的確で細かい操作ができます。

プロコンを使う人も増えています!

今回は、GeForce Now用コントローラーのおすすめをテーマに、選び方やそれぞれのデバイスに合ったコントローラーを紹介しています。

目次

GeForceNOW用コントローラーの選び方は?

geforce now コントローラー おすすめ

まずは、GeForce Nowで使うコントローラーの選び方からご紹介します。

選び方のコツは3つ!

  • 価格帯
  • 有線か無線か
  • ボタン配置や形状

価格帯で選ぶ

まずご紹介するのは「価格帯」で選ぶ方法!

予算以内で入手したい人や、妥協したくない人はコントローラーの価格に着目します。

コントローラの価格帯は大きく分けて3つあります!

  • ~5,000円
  • 5,000円~10,000円
  • 10,000円~30,000円

「とりあえず使えたら満足」のコスパ重視派は5,000円以下の比較的安いコントローラーがおすすめ。

ただし、安い製品は粗悪品の可能性もあるので、口コミは必ずチェックしておきましょう。

例えば、ロジクールF710rは、約3,600円と低価格かつ使いやすいと口コミ高評価です。

5,000円〜10,000円だと、知名度の高いコントローラーが多くあります。

PS4のデュアルショックや、Switchのプロコン、Xboxなど有名ハードの製品を多く占めるのがこの価格帯。

1万円以下で、機能性と安定感を重視したい人は、大手ゲームメーカーのコントローラーを選択すれば、間違いないでしょう。

\プライムデー先行セール開催中♪/
Amazon

10,000円〜30,000円の予算があれば、プロも使うようなワンランク上のコントローラーが入手できます。

ゲーミングデバイスで人気の「Razer」や「SteelSeries」がこの価格帯です。

有線でつなぐタイプが多く、遅延のない快適なゲームを楽しめます。

30,000円以下で、FPSに適したものを選びたい人は、入力遅延がなく長時間握っても疲れにくい、プロ仕様がおすすめです。

有線か無線か選ぶ

コントローラーを接続するには、「有線タイプ」と「無線タイプ」の2種類があります。

それぞれ、メリットとデメリットを紹介します。

有線タイプのメリット

  • 入力遅延がない
  • 充電切れを気にせず遊べる

最大のメリットは、入力遅延がなく操作性にすぐれている点。

FPSや格ゲーなど、細かい操作を求められるゲームに向いています。

また、コントローラー自体を充電する必要がないため、充電切れを気にせずに遊べますよ。

有線タイプのデメリット

  • コードが邪魔になる
  • スマホの充電が減りやすい

デメリットは、コードが邪魔で動きが制限されること。

寝そべって遊びたい方には不向きかもしれません。

有線タイプを選ぶなら、コードの長さが1.5mを選ぶと、短すぎずおすすめです。

有線は、スマホの充電も減りやすくなります。

外出する際はバッテリー残量に注意してください。

無線タイプのメリット

  • コードを気にせず遊べる
  • スマホの充電が減りにくい

無線タイプの1番のメリットは、コードを気にせず自由に遊べるところ。

外出先で遊びたいときや、画面から離れてプレイしたいときも、好きな体勢で気楽に遊べます。

また、有線に比べて、スマホの充電も減りにくいとされています。

無線タイプのデメリット

  • 入力遅延が出やすい
  • 充電する必要がある

無線のデメリットは入力遅延が発生しやすいこと。

一瞬の判断が重要になるFPSなど対戦ゲームには不向きですね…。

遅延があっても支障の出にくい、シミュレーションゲームやRPGを遊ぶのに適しています。

また、定期的に充電する必要があるのも無線の弱点。

充電切れを防ぐために、バッテリー残量をこまめにチェックしましょう。

有線は「遅延のない安定したゲームをプレイしたい人」におすすめ。

無線は「コードレスで場所や距離に縛られたくない人」におすすめです!

ボタン配置や形状で選ぶ

コントローラーは、自分が操作しやすいものを選ぶようにしましょう。

モデルによって、ボタンの配置や十字キー、スティックの位置はさまざま。

使った経験のないボタン配置だと、慣れるまでに時間がかかり、操作ミスの原因に。

コントローラーを選ぶときは、使用経験のあるボタン配置に似たモデルを選ぶといいですね!

また、コントローラーの持ちやすさも大切。

私のような手が小さめな人は、小さめのコントローラーを選ぶと手になじみやすいです。

大きすぎたり、重かったりすると疲れやすくなるので、コントローラーの大きさ、重量にも注目します。

【PC版】GeForceNOW用コントローラーおすすめ3選

geforce now おすすめ コントローラー

まずは、PC版のGeForceNOW用コントローラーのおすすめを3つ紹介します。

  • SONY|ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4)
  • マイクロソフト|Xbox ワイヤレス コントローラー
  • Logicool G|ゲームパッド コントローラー F710r

SONY|ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4)

POINT
  • SONYの純正品
  • 快適な操作性
  • 有線、無線どちらでも可能

まずは、PS4の純正コントローラー「DUALSHOCK 4」です。

DUALSHOCK 4は、生産が終了した現在でも利用者が多い人気のコントローラー。

重さは218gと軽く、無駄のないボタン配置、握りやすいグリップなど完成度の高い製品です。

有線、無線どちらでも使えるので、ゲームジャンルに応じて変えるのもいいでしょう。

「DUALSHOCK 4」は、クセがなくシンプルで完成度の高いコントローラーを求めている方におすすめです。

\プライムデー先行セール開催中♪/
Amazon

マイクロソフト|Xbox ワイヤレス コントローラー

POINT
  • PCゲームと相性がいい
  • Switchのプロコンのような配置
  • 滑り止め加工で持ちやすい

マイクロソフトから発売されている、有線無線どちらでも使えるXboxのコントローラーです。

Xboxらしいボタン配置は、PCでゲームするのにも相性がよく使いやすいと高評価。

使ったことがない人でも、Switchのプロコンと似ているので、プロコンを使った経験があればすぐに慣れるでしょう。

持ち手のグリップ、トリガーの部分に滑り止め加工があり、持ちやすさにもこだわっているのがポイント。

バッテリーは、単三乾電池2本なので充電切れのリスクがなく遊べます。

PCでGeForce Nowをプレイしたいなら、安定感のある「Xbox ワイヤレス コントローラー」を選べば間違いないでしょう。

Logicool G|ゲームパッド コントローラー F710r

POINT
  • 人気の高いロジクール製品
  • 2.4GHzの高速通信
  • コスパがいい

高性能なゲーミング製品をとりそろえている「Logicool G」のコントローラーです。

バッテリーは電池式を採用し、ワイヤレスで快適に操作できます。

「2.4GHz」の高速通信により、無線でも遅延を気にせず遊べるのがいいところ。

形状やボタン配置は、DUALSHOCK 4と似ている馴染みのあるデザインです。

コントローラーのなかでも小さめで、手が小さい人にも持ちやすくフィットします。

定価より安いときが多く、セールときは約3,600円(税込)で購入できるコスパの高さも魅力的。

安いコントローラーを探している方は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

【Android版】GeForceNOW用コントローラーおすすめ3選

次に、Android版のGeForceNOW用コントローラーを3つ紹介します。

  • Razer|Raiju Mobile
  • Razer|Kishi for Android
  • SteelSeries|Stratus Duo

Razer|Raiju Mobile

POINT
  • ゲーマーに人気のRazer製
  • 角度調整可能なスマホクリップ付き
  • 専用アプリでカスタマイズ可能

世界中のゲーマーが憧れる「RAZER」から出ているコントローラーです。

最大79mm幅のスマホを取り付けられる、スマホクリップが搭載されています。

自分の見やすい角度に調整できるので、スマホでも快適に操作が可能。

さらに、専用のスマホアプリでカスタマイズできます。

アプリでは、アナログスティックの感度や、拡張ボタンマッピング変更、プロファイルの保存が可能。

「Raiju Mobile」は、スマホゲームも妥協せず、自分好みにカスタマイズしたい方にぴったりのコントローラーです。

Razer|Kishi for Android

POINT
  • スマホに直接セット
  • 遅延なしで素早いレスポンス
  • 持ちやすくて操作しやすい

こちらもRAZERから出ている、スマホに直接セットするタイプのコントローラー。

伸縮式ブリッジを採用し、手持ちのAndroidスマホにぴったりと装着できます。

スマホとコントローラーが一体化し、小型ゲーム機のようにしっかり手に持って遊べます。

接続端子のUSB-Cにより、入力遅延のない、素早いレスポンスが実現可能。

遅延を気にせず、スマホをゲーム機のように遊びたい方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

SteelSeries|Stratus Duo

POINT
  • ゲーミングデバイスで有名なSteelSeries製
  • 一度の充電で20時間以上プレイ可能
  • しっかり握れるグリップ部

プロゲーマーからの支持も高い「SteelSeries」のコントローラーです。

価格は1万円以下で、有名なゲーミングデバイスメーカーよりは比較的安く購入できます。

1番の特徴は、一度の充電で20時間連続プレイが可能なこと。

充電の持ちがいいので、無線でもしばらくバッテリーを気にせず遊べます。

長めに設計されたグリップ部分は、握りやすく操作のブレを最小限に抑えてくれます。

バッテリーの持ちがよく安定感のある操作を求めているなら「Stratus Duo」がおすすめです。

【iPhone版】GeForceNOW用コントローラーおすすめ3選

最後に、iPhone版のGeForceNOW用コントローラーを3つ紹介します。

  • Razer|Kishi for iPhone
  • Rotor Riot|RR1850
  • SteelSeries|Nimbus+

Razer|Kishi for iPhone

POINT
  • ほとんどのiOSデバイスに対応
  • 有線接続でラグのないゲームプレイ
  • コントローラー使用中も充電可能

先ほど紹介した「Razer Kishi」のiPhone用コントローラーです。

iPhone6〜14Pro Maxの大きさに対応し、緩むことなくしっかりと装着できます。

ラグの起こりやすいワイヤレスと違い有線接続なので、Apexなどの正確性を求められるFPSにも向いています。

 

また、コントローラー装着中にiPhoneの充電がなくなっても、外す必要はありません。

コントローラーに搭載されたLightningポートで充電可能なので、即座にバッテリーの確保ができます。

「Kishi for iPhone」は、iPhoneユーザーで遅延を気にせずゲームに集中したい方におすすめのコントローラーです。

Rotor Riot|RR1850

POINT
  • 「MFi認証済み」で安心
  • 安定感のあるデバイスホルダー
  • 充電しながら操作可能

Rotor Riotの「RR1850」は、R3・L3ボタン搭載のコントローラーで唯一「MFi認証」があります。

MFi認証とは、Apple社が認めたLightning接続できるデバイスのこと。

非認証のデバイスに比べて、発火やショートするリスクが少なく安心して使用できます。

コントローラーには、iPhoneを固定できる「デバイスホルダー」が付属しています。

軽量でも安定感のあるホルダーは、ゲームをしてもブレる心配なくプレイが可能。

Lightningコネクタがあるので、コントローラーを繋つないだままiPhoneの充電ができます。

スマホのタッチ操作が苦戦するゲームは、「RR1850」を使えば、遅延なしで快適なプレイができます。

SteelSeries|Nimbus+

POINT
  • 一度の充電で50時間楽しめる
  • iPhone取り付け可能な「iPhoneマウント」
  • Apple公式からライセンス取得済

「Nimbus+」の1番の特徴は、最大で連続50時間使えること。

ワイヤレスタイプでありながら、これだけ連続して使えるモノはなかなかありません。

さらに、「iPhoneマウント」が付いているので、別途スマホスタンドを用意せずに済みます。

無線なので、有線のようにコードが邪魔になることなく、自由なプレイスタイルで楽しめます。

MFI認証済みで、動作と安全性にも優れたコントローラーです。

ワイヤレスでバッテリーの持ちがいいコントローラーを探しているなら、最大50時間使える「Nimbus+」がおすすめです。

まとめ

GeForce Now用のコントローラーの選び方、おすすめのコントローラーを紹介しました。

コントローラーを選ぶ際は、使用するデバイスに対応しているか確認し、自分のゲームスタイルに適したものを選択しましょう。

今回紹介したコントローラーは、全て動作確認済みなので安心してお使いいただけます。

GeForce Nowは、月額0円で始められるフリープランから、特典の多い1,980円(税込)のプレミアムプランもあります。

これから利用する人は、まずは0円で利用できるフリープランで試してみてもいいですね。

自分の好みに合ったコントローラーで、お気に入りのゲームを存分に楽しみましょう。

あわせて読みたい
【2024年版】FPS用のコントローラー(パッド)おすすめ10選|カスタムコントローラー この記事では、FPSのおすすめパッド(コントローラ)について書いています FPSで上手くなりたいなら「コントローラー」にもこだわるべきです! 少し前までは、「パッド...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次