MENU

【2024年版】Steelseriesマウスパッドおすすめは?全シリーズ徹底比較!

steelseries マウス パッド おすすめ

この記事では、Steelseriesマウスパッドおすすめについて書いています。

PCゲームをする上で欠かせないのが、マウスパッド。

マウスパッドの性能が良いと、ゲームの操作性もかなり上がります。

数あるゲーミングマウスパッドの中でも、多くのプロが愛用してて長年人気なのがSteelseries(スティールシリーズ)です。

しかし、そんなSteelseriesの中でも様々なシリーズが存在していて、結局どれを購入すれば良いのか迷いますよね。

今回は、Steelseriesマウスパッドおすすめをテーマに全シリーズそれぞれの特徴をご紹介!

Steelseriesのマウスパッドを比較したい人はぜひチェックしてくださいね。

目次

SteelSeriesマウスパッドの全シリーズ

SteelSeriesマウスパッド
シリーズ材質サイズ厚さ
QCKクロスS~5XL2mm~3mm
QCK HeavyクロスM・L・XXL4mm~6mm
QCK EdgeクロスM・L・XL2mm
QCK HardポリエチレンM3mm
QCK PrismクロスM・XL・3XL・4XL・5XL4mm

それでは早速、SteelSeriesマウスパッドの全シリーズを紹介していきます。

SteelSeriesのマウスパッド「QCK」全部で5シリーズ販売されています。

その特徴をご紹介していきましょう。

QCK

Steelseriesのマウスパッドと言えばこれという最も定番のシリーズ

材質サイズ厚さ
クロスS~5XL2mm~3mm

サイズが最も種類豊富で、最小のSサイズから、デスク全体を覆える大きさの5XLまで。

どんなデスクスペースにも対応できますよ!

厚さも2mm~3mmのクロス製で持ち運びやすく、丸洗いも簡単にできます。

QCK Heavy

材質サイズ厚さ
クロスM・L・XXL4mm~6mm

4mm~6mmと他のシリーズよりも少し厚みがあり、クッション性に優れています。

その名の通り、重めのクロスを採用していて他シリーズより重めに作られています。

クッション性に優れていますがマウス操作時に沈むことはなく、滑らかなのに程よい抵抗感があります。

QCK Edge

QCKのエントリー向けモデルです。

材質サイズ厚さ
クロスM・L・XL2mm

定番商品のQCKと厚みも使い心地も同じですが、縁にステッチ加工が施されたタイプ。

縁のステッチ加工が擦り切れや剥がれ、丸洗いしたときの曲がりやほつれを防いでくれます

QCK Hard

材質サイズ厚さ
ポリエチレンM3mm

他のシリーズと材質が違うポリエチレン製のハードタイプです。

ポリエチレン製のため、他シリーズのクロスタイプより低摩擦で滑りやすくできています。

また多層構造と固体重合体が中心で歪みにくく、長く愛用していても一定の使用感が得られます。

サイズがMサイズのみなので、デスクスペースには注意してください。

QCK Prism

材質サイズ厚さ
クロスM・XL・3XL・4XL・5XL4mm

基本の使い心地は定番のQCKと同じですが、2ゾーンRGB動的イルミネーションが搭載されたタイプです。

Discord通知、ゲーム内の通知やアラートなど照明が変化してゲームをよりエキサイティングにしてくれます。

ライトアップ機能が付いているのに、丸洗い可能で衛生面も快適にできるのもポイントです。

SteelSeriesのマウスパッドおすすめ5選

steelseries マウス パッド おすすめ

ここまでは、SteelSeriesのマウスパッドの特徴をご紹介しました。

しかし、「もっとわかりやすく、おすすめの製品が知りたい!」という方もいるでしょう。

そこで、おすすめSteelSeriesマウスパッド5をご紹介します。

多数のプロも愛用している「QCK Heavy」

プロと一緒のものがいいならQCK Heavyがいいでしょう。

多数のプロに愛用されています。

  • POPOGACHI(VALORANTプロ)
  • Lakia(VALORANTプロ)
  • 善悪菌(ストリーマー)
  • SHAKA(ストリーマー)

などなど他多数

4mm~6mmの厚みでクッション性により程よい抵抗感が生まれ、滑らかなのにストップ性能に優れています!

VALORANTなどのFPSゲームではかなり重宝しますよ♪

多数のプロに愛用されているのは、この「滑らかなのにストップ性能に優れている」が理由でしょう。

細かい正確なエイムが必要なFPSにぴったりで、マウスパッド自体が大きくて重く、動くこともないのでローセンシの人にも人気を集めています。

FPSをプレイすることが多い人プロが使っているマウスパッドが欲しい人は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

コスパで選ぶなら「QCK」

コスパを求めるなら定番のQCKがおすすめ。

ゲーミングマウスパッドとしての使用感バツグンなのに安くてコスパがとても良いです。

過去にはゲーマーの使用率ランキングNo.1の時もありました!

サイズが豊富なシリーズなので自分のデスクスペースを考えながら選べますし、Sサイズを選択すれば1,000円程度で購入できます。

安くマウスパッドが欲しい人どれか迷っている人初めて買う人はまずこちらを試してみてはいかがでしょうか。

力が入りやすいなら「QCK Heavy」

どうしても力んでしまう人、力が強い人にはQCK Heavyがおすすめ。

4mm~6mmと普通のマウスパッドや他のシリーズより厚めに作られているので、クッション性に優れています。

ゲーム中に力が入ってしまっても疲れを軽減してくれるでしょう。

マウスパッド自体に重みがあるので、操作時に力が入ってもズレてくるストレスもありません。

また、マウスパッドにクッション性があり手首がテーブルにぶつかることも防いでくれます。

マウスを「つかみ持ち」や「かぶせ持ち」をしている人にもおすすめですね♪

手首がテーブルに当たりやすい人力が入ってしまう人はぜひチェックしてみてください。

長く使いたいなら「QCK Edge」「QCK Hard」

長く使いたい人は、QCK EdgeQCK Hardがおすすめです。

QCKEdgeはスタンダードな使い心地で、縁にステッチが追加。

洗濯のときのほつれも防げるので長く使えます。

QCKHardはポリエチレン製で使い心地は他シリーズより滑りやすい材質ですが、曲がることがないハードタイプです。

長年愛用していても浮き上がりはありませんし、表面の使い心地も一定を保てますよ!

お手入れを頻繁にしたい人長く愛用したい人はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

デザイン性で選ぶなら「QCK Prism」

マウスパッドにデザイン性が欲しいなら、定番のQCKの使い心地そのままにRGBが搭載されているQCKPrismがおすすめ。

ゲームと連動した照明でより盛り上げてくれますし、マウスパッドは常にデスク周りで片目につくものなので華やかな方が、ゲームは楽しいですよ。

普通のものが嫌な人はぜひチェックしてみてください。

まとめ

以上、SteelseriesのQCKマウスパッドについてお伝えしてきました。

気になるマウスパッドはあったでしょうか?

Steelseriesのマウスパッドは、ゲーマー界では知らない人はいないほど有名で、ユーザーの評判も良い商品です。

中でも、定番のQCKは多数のユーザーに支持されるほどハイクォリティなのに、コスパに優れていてサイズ豊富で…と買ってみて損はありません。

ぜひこの機会にプロもお墨付きのマウスパッドを検討してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次