MENU
\ 最大10%ポイントアップ! /

PS5用Bluetoothトランスミッターおすすめ5選!選び方を徹底解説

ps5 bluetoothトランスミッター おすすめ

この記事では、PS5用Bluetoothトランスミッターおすすめについて書いています。

「PS5でもBluetoothのイヤホンやヘッドセットが使えたらいいのに・・・」

こんな風に考えたことがある人もいるでしょう。

PS5などのゲーム機器では、コントローラーはBluetoothに対応している場合が多いですが、それ以外の周辺機器では有線がほとんど。

ヘッドセットやイヤホンをBluetoothで接続するには、トランスミッターが必要となります。

今回は、そんなBluetoothトランスミッターの中でもPS5におすすめのものをご紹介!

選び方も解説しますので、ぜひBluetoothトランスミッター選びの参考にお使いください。

目次

PS5用Bluetoothトランスミッターの選び方

ps5 bluetoothトランスミッター

トランスミッターにもHDMI用FM用などさまざま。

今回はBluetooth用だけをご紹介します。まずは選び方を解説していきましょう!

接続端子はUSB TypeAかTypeCのみ

PS5への接続を考えているなら、USB TypeAもしくはTypeCに対応できるものを必ず選びましょう。

この2つ以外の接続端子だと、そもそもPS5に接続ができないのでご注意を。

Bluetoothのバージョンが新しいもの

Bluetoothにはバージョンがあり、あまり古いものが搭載されていると接続したい機器とのバージョンが離れすぎて接続できない可能性があります。

またBluetoothはバージョンごとに進化しているので、新しいほど性能は高く通信速度も速いです。

Bluetoothのバージョンは、できるだけ新しいものを選びましょう。

コーデックは遅延と音質に関係

コーデックとは、簡単にいうと「Bluetoothで送受信する際のデータの圧縮方式」のことです。

画像ファイルでいう、JPEGやGIFのようなものと言えば分かりやすいでしょう。

Bluetoothのオーディオ用コーデックは、種類によって遅延や音質が少し違ってきます。

SBC・・・全てのBluetoothに対応できる規格。汎用性はかなり高いが、遅延や音質低下が起こりやすい。

AAC・・・Apple端末に対応している規格。AndroidSBCと合わせて搭載されていることが多いので、SBCに次いで汎用性が高い。SBCより高音質だといわれている。

aptX・・・高音質で低遅延。接続時に遅延が少ないので、映像と音声にラグを生じさせたくないゲームなどに向いている。通常のaptXに加えて、さらに低遅延を実現した「aptX LL」や、データ通信を自動調整することで高音質と低遅延を両立している「aptX Adaptive」といった規格がある。ただ、対応できるデバイスは限られるため確認が必要。

他にもBluetoothのオーディオ用コーデックは多数ありますが、ゲームにおすすめの規格は「aptX」「aptX LL」「aptX Adaptive」の3つです。

この3つのどれかを選べば、比較的に高音質で遅延なくゲームが楽しめるでしょう。

ボイチャに対応できるか

ゲームに使用する際には、ボイチャが対応できるかも確認しておく必要があります。

なぜならトランスミッターを使用する場合、ボイチャをするには「音声を受け取る」と「自分の音声を送る」という送受信の機能が必要だから。

単純に音声を聞くだけなら、受信するだけでいいので送信する機能は搭載されていない可能性があります。

ボイチャをする可能性がある人は、対応できるか否かも確認しておきましょう。

PS5用Bluetoothトランスミッターおすすめ5選

ps5 bluetoothトランスミッター おすすめ

ここからは、数あるなかでもPS5におすすめのBluetoothトランスミッターをご紹介していきましょう。

XROUND Bluetooth 5.0 トランスミッター XRD-XT-01

接続端子Bluetoothバージョンコーデックボイチャ対応
USB TypeC5.0SBC/aptX/aptX LL

XROUNDのトランスミッターは、独自の低遅延伝送技術「XROUND Low Latency」を搭載しています。

この技術により、どのコーデックを採用した製品でもほとんど遅延が無く快適なサウンドが聴けるでしょう。

また、ドライバのインストールなどの必要はなく接続するだけでペアリング可能。

SBCだけでなく、aptXやaptX LLにも対応しているのでより高音質で低遅延なサウンドを体感できますよ。

国内のオーディオビジュアル機器の総合アワードでゲーミング部門を受賞するなど、その技術が認められているトランスミッターです。

気になる人は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

eppfu トランスミッター

接続端子Bluetoothバージョンコーデックボイチャ対応
USB TypeC5.2aptX-Adaptive/aptX LL/aptX/aptX HD/SBC

eppfuのトランスミッターは、Bluetoothのバージョン5.2を搭載しています。

旧バージョンより4倍のBluetooth範囲と2倍の通信速度が可能。安定したワイヤレス環境が特徴です。

また、使用シーンに応じてオーディオコーデックの変更ができるのがポイント。

データ通信を自動調整することで高音質と低遅延を両立しているaptX Adaptiveに対応できるので、ゲームだけでなく色んなシーンで使えます。

1年間の保障が付いているのも嬉しいポイント!安心感が欲しい人は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

UGREEN USBオーディオトランスミッター

接続端子Bluetoothバージョンコーデックボイチャ対応
USB TypeA5.3aptX HD/aptX AD/aptX/SBC

UGREENのトランスミッターは、最新のBluetoothバージョン5.3を搭載し長距離通信が可能なモデルです。

通信の切断や消費電力を抑えつつも、最大10m離れた距離でも安定した接続ができます。

また、aptX ADにも対応可能で、高品質なサウンドなのに通信の遅延はほぼ感じないに近いでしょう。

トランスミッターの価格は4,000円前後が多い中、3,000円程度と比較的安価なのもうれしいポイントです。

PS5までの距離が離れている環境で使いたい人は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

Creative BT-W3X

接続端子Bluetoothバージョンコーデックボイチャ対応
USB TypeC5.3aptX/aptX HD/SBC

Creative BT-W3Xは、高性能なのに小型で使いやすいのが特徴のトランスミッターです。

aptX HDに対応しており、最大24bit/48kHzまで可能。高品質な音源を遅延なく楽しめます。

また、最大4つまでペアリング対象を記憶できるのがポイント。

本体ボタンを操作するだけで接続対象を切り変えられるので、いろいろなデバイスを接続する人におすすめです!

SONY純正ヘッドセットならトランスミッター不要

アナタがまだヘッドセットを持っていないなら、SONY純正ヘッドセットもおすすめです。

純正ヘッドセットなら、レシーバー付きなのでトランスミッターを使用する必要がなく簡単に接続が可能。

またPS5の3Dオーディオ用にチューニングされているので、ほぼ遅延なく没入感のあるサウンドでゲームが楽しめるでしょう。

独自のノイズキャンセリング技術を搭載しているので、オンラインの醍醐味であるボイチャももちろんクリアな音声で可能ですよ。

快適な装着感を保ちつつ、スタイリッシュなデザインなのも嬉しいポイントです。

これからヘッドセットを買おうと思っている人は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

まとめ

PS5用のBluetoothトランスミッターについてお伝えしてきました。

Bluetoothトランスミッターは、ヘッドセットだけでなくスピーカーにも使用ができたりと汎用性が高いので、1つあればデスク周辺をすっきりできます。

もしどれか迷うなら「UGREEN USBオーディオトランスミッター」が特におすすめです。

最新のBluetoothバージョンを搭載しながら、多くのコーデックに対応しているのに、求めやすい価格なのがポイントです。

ぜひ、PS5でお気に入りのヘッドセットを使ってゲームを楽しんでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次