MENU

【2024年版】青軸キーボードおすすめ10選|特徴は?

青軸 キーボード おすすめ

この記事では、青軸キーボードのおすすめについて書いています。

青軸キーボードは心地よい打鍵音クリック感が特徴です。

はっきりとした入力感を楽しみたい人に人気があるキーボードになります。

キーボードは聞き慣れない用語が多く、「どのモデルを選んだらいいのかわからない……」と悩んでしまいがちです。

そこで今回は、青軸キーボードおすすめ製品をご紹介します。

ロジクールやRazerなどの人気メーカーはもちろん、さまざまなメーカーのモデルから使いやすいものを厳選しました。

ぜひ自分にあったキーボードを探す参考にしてみてください。

目次

青軸キーボードの特徴は?

メリットデメリット
打鍵感がいい
入力しやすい
カチカチとしっかりした音が出る
クリック感をよく感じられる
打鍵音が大きい
手が疲れやすい

それでは早速、青軸キーボードの特徴をみていきましょう。

打鍵音が大きかったり、ストロークが重めで疲労を感じやすかったりする欠点はあります。

しかし、音の大きさやキーの重さが気にならない人であれば問題はありません。

反対に青軸キーボードのメリットは圧倒的な打鍵感です。

タイピング音やクリック感など、キー入力の楽しさをダイレクトに感じられますよ。

気持ちよくタイピングができるだけでなく、誤入力も起きにくいので、ストレスフリーに使えるのがポイントです!

■こんな人におすすめ

  • タイピングの爽快感を大切にしたい人
  • 音の大きさを気しない人

静音性よりも、タイピングの楽しさを重視したい人は絶対にチェックしておきたいキーボードですよ。

青軸キーボードおすすめ10選

青軸 キーボード おすすめ

それでは、青軸キーボードのおすすめを10個ご紹介していきます。

どれも使い勝手が抜群で、高性能な青軸キーボードですよ。

ぜひ、自分にあった製品を見つける参考にしてみてくださいね。

Logicool G610BL

メーカーLogicool
青軸
テンキー
バックライト

Logicoolはコンピューター周辺機器をはじめ、さまざまなデバイスを扱っているメーカーです。

高品質なグッズが多く、ロジクール製品にこだわりを持つ方も少なくありません。

POINT
  • 人気メーカーのハイクオリティ製品
  • 高級感あふれる見た目
  • 機能性が抜群でとにかく扱いやすい

白色のみですが、バックライトも内蔵されていますよ。

ゲームに集中できる「ゲームモード」も搭載されているので、没入感を底上げしてくれるのもポイントです。

■こんな人におすすめ

  • ゲームモードで快適にゲームを楽しみたい人
  • 10,000円以内で買えるキーボードを探している人

お手頃価格で買える青軸キーボードが欲しい人は必見ですよ。

ぜひ、『G610BL』で快適なキー入力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Logicool G913 TKL

メーカーLogicool
青軸
テンキー×
バックライト

Logicoolから販売されている高性能キーボードです。

有線よりも反応速度が速く、ゲームでもビジネスにも万能に使えますよ。

POINT
  • 極薄デザインなのに耐久性が高い
  • 4時間のフル充電で40時間も稼働できる
  • メディアコントロールで操作が快適

金額は2万円オーバーと少しお高めですが、仕事や趣味などのさまざまなシーンに対応できる汎用性の高さが特徴です。

■こんな人におすすめ

  • どんなシーンにも対応できるキーボードが欲しい人
  • 反応速度の速い製品を探している人

どんなシーンにも万能に対応できる高性能な青軸キーボードを求めるなら、『G913 TKL』はチェックしておきましょう。

Logicool G PRO X

メーカーLogicool
青軸
テンキー×
バックライト

カスタマイズ性の高いロジクールの青軸キーボードです。

別売りの軸を購入することで、タイピング感を自分好みに調節できちゃいます。

POINT
  • テンキーレスでコンパクト
  • カスタマイズ性が高く、軸の交換ができる
  • 安定性が抜群で激しい動きにもばっちり対応

プロによるテストを行ったり、大会でも実績を残していたりする製品なので、使用感は折り紙付き!

■こんな人におすすめ

  • ゲームにぴったりのキーボードが欲しい
  • プロゲーマーも使っている製品を探している

ゲームで使うことを最優先で考えているなら、『G PRO X』はぴったりですよ。

プロ向けに設計された高性能キーボードでライバルに差をつけてみませんか?

Razer BlackWidow V4

メーカーRazer
緑軸
テンキー
バックライト

Razerはアメリカのゲーミングデバイスメーカーです。

さまざまなデバイスを扱っており、高クオリティな製品も数多く販売しています。

キーボードはオリジナルの軸を採用しており、Razerならではの独特なタイピング感を楽しめますよ。

ちなみに今回紹介する「緑軸」は、青軸とほぼ同じです。

リセットポイントがわずかに浅くなっていますが、基本的な性能は変わりません。

青軸のクリック感をそのままに、キー入力の負担を減らしたRazerだけのオリジナル軸です。

POINT
  • ふかふかのパームレストで疲労を軽減
  • LED発光パターンを調整できる
  • 激しいタイピングにも対応できる耐久性

心地よいタイピングを楽しめるだけでなく、長時間使っても疲れにくいですよ。

■こんな人におすすめ

  • 最高のタイピング感を楽しみたい人
  • 疲労を感じにくく、快適なキーボードを求めている人

Razer製で青軸に近いキーボードを探しているなら、『BlackWidow V4』を選んでみてはいかがでしょうか。

Razer BLACKWIDOW V4 PRO

メーカーRazer
緑軸
テンキー
バックライト

Razerの高性能ゲーミングキーボードです。

先ほど紹介した『BlackWidow V4』よりも、さらに高性能なモデルですよ。

POINT
  • マルチファンクションローラーと4つのメディアキーで操作が快適に
  • クッション性が抜群のリストレスト
  • 高耐久キーキャップで激しいプレイにも対応できる

タイピング感と入力速度の最適なバランスを実現したデバイスです。

■こんな人におすすめ

  • Razer製の高性能キーボードを探している人
  • ワンタッチ操作で音楽の再生や停止などを楽しみたい人

とにかく高性能なキーボードが欲しいなら、『BLACKWIDOW V4 PRO』をチェックしてみてくださいね。

Razer BlackWidow V3

メーカーRazer 
緑軸
テンキー×
バックライト

高性能でありながら、お手頃価格で買えるRazerの緑軸キーボードです。

「Razer製のキーボードが欲しいけど、高すぎる……」という方にぴったりですよ。

POINT
  • スマートな形状でコンパクト
  • 8,000万回のキーストロークが可能な耐久性
  • 収納性が高く、デスク整理もしやすい

最高の押し心地だけでなく、利便性も追求した使いやすさが特徴です。

しかも最長2年間の保証信頼できる技術サポートが付いてきますよ。

■こんな人におすすめ

  • 収納性が高くて、使いやすいキーボードが欲しい人
  • Razer独自の緑軸をお手頃価格で体感したい人

コンパクトかつ、収納性が高い『BlackWidow V3』で快適なキー入力を楽しんでみませんか。

エレコム TK-GK20CBK

メーカーエレコム
青軸
テンキー×
バックライト×

お手頃価格で購入できるエレコムの青軸キーボードです。

ゲームで遊ぶことを優先している人におすすめですよ。

指に食いつきつつも離れやすい、「ネオクラッチキーキャップ」でキー入力がスムーズに楽しめちゃいます。

POINT
  • 独特のキー形状で誤入力が起きにくい
  • テンキーレスでマウスの操作スペースを確保しやすい
  • タイピング感が抜群に優れている

さらにゲームでよく使うキーが精密に調整されているのも魅力です。

WASDをホームポジションとして、周辺キーの高さや角度が細かく調整されていますよ。

■こんな人におすすめ

  • ストレスなくゲームを楽しみたい人
  • 押しやすい形状のキーボードを探している人

『TK-GK20CBK』ならではのキー形状で、快適にゲームを楽しんでみませんか。

HyperX Alloy Elite RGB

メーカーHyperX
青軸
テンキー
バックライト

HyperXが販売している、丈夫で扱いやすいゲーミングキーボード。

強固なスチールフレームを採用しているため、激しいプレイにも対応できます。

POINT
  • ユニークなライトバーで没入感がアップ
  • 最大3つまでプロファイルを保存できる
  • PCだけでなく、PS5やXboxにも接続可能

耐久性と扱いやすさを重視したキーボードです。

ただし、英語配列のキーボードである点は注意しておきましょう。

日本語配列に慣れていると、リターンキーなどの操作を難しく感じてしまうためです。

とはいえ、操作に慣れてしまえば、汎用性が高くて便利なキーボードになりますよ。

■こんな人におすすめ

  • さまざまなゲームハードに対応できる汎用性を重視している人
  • 英語配列のキーボードを探している人

汎用性を重視してキーボードを探しているなら、『Alloy Elite RGB』は必見ですよ。

Steel Series Apex 7

メーカーSteel Series
青軸
テンキー
バックライト

Steel Seriesから販売されている、機能性が抜群のゲーミングキーボードです。

キーボード自体に有機ELスマートディスプレイが搭載されているため、ゲームやアプリからの通知を見逃しません。

POINT
  • プロファイル機能は5つまで保存できる
  • 全キー同時押しに対応できる
  • USBパススルーポートでデバイス接続がスムーズ

さらに各キーには、カスタマイズ可能なフルRGBのLEDが搭載されています。

自分好みのイルミネーションエフェクトを設定できるのもポイントですよ。

■こんな人におすすめ

  • プロファイル設定を保存しておきたい人
  • イルミネーションを自由にカスタマイズしたい人

ゲームやアプリからの通知を逃したくない人は、有機ELスマートディスプレイが搭載された『Apex 7』を推奨します。

サンワダイレクト 400-SKB056BL

メーカーサンワダイレクト
青軸
テンキー
バックライト

カチカチという打鍵音が心地よい「サンワダイレクト」の青軸キーボードです。

明確なクリック感を感じられるので、タイピングがとにかく楽しいのが特徴!

ストローク約3mm、作動点は約1.5mmになっており、素早く快適なキー入力を体感できますよ。

POINT
  • 疲れにくく、快適なタイピングが楽しめる
  • Nキーロールオーバー機能で複雑な操作にも対応できる
  • 凹状のキー形状だから指にフィットしやすい

FPSなどの素早い動きが求められるゲームにもぴったりな青軸キーボードですよ。

■こんな人におすすめ

  • 快適で疲れにくいタイプのキーボードを探している人
  • キー入力の素早さを重視している人

FPSなどの競技性が高いゲームに対応できるキーボードを探しているなら、『400-SKB056BL』は絶対にチェックしておきましょう。

 まとめ

今回の記事では、おすすめの青軸キーボードをご紹介しました。

青軸キーボードのおもな特徴は以下のとおりです。

メリットデメリット
打鍵感がいい
入力しやすい
カチカチとしっかりした音が出る
クリック感をよく感じられる
打鍵音が大きい
手が疲れやすい

打鍵音が大きいですが、気持ちよくキー入力が楽しめます。

とにかくタイピングの楽しさを重視したい人にぴったりなキーボードです。

なかでもイチオシは「Logicool G610BL」です。

どれを買うか迷ったら、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

心地よい打鍵感だけでなく、機能性が高くて、丈夫で扱いやすいのが特徴です。

ぜひ自分にあった青軸キーボードを選ぶ参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次