MENU

【2024年版】PS5内蔵SSDおすすめ5選!m.2・1TB/2TBなど

ps5 内蔵 ssd おすすめ

この記事では、PS5内蔵SSDのおすすめについて書いています。

PS5には面白いゲームが多く、容量がすぐになくなってしまうのが悩みどころです。

そこで容量不足を解消し、ロード時間を大幅に短縮するなら、内蔵SSDの増設が必須となります。

しかし、内蔵SSDを購入するにしても、何を基準に選べばいいか迷いますよね。

今回は、PS5内蔵m.2SSDのおすすめをテーマに選び方からご紹介します。

「どれを選んだらいいかわからない」「評判のいいPS5用SSDが知りたい」という人は、ぜひご覧ください。

目次

PS5内蔵SSDの選び方は?

ps5 内蔵 ssd 選び方

PS5対応のSSDを選ぶ場合、4つのポイントを踏まえて選びましょう。

SSDはPS5に非対応のものも多いので、購入前にしっかり確認することが大切です!

公式指定の条件を確認する

まず、内蔵SSDを選ぶ際には、PS5に搭載できるスペックかどうか確認しましょう。

Playstation公式に記載されている必須スペックは、以下のとおりです。

スクロールできます
インターフェースPCI-Express Gen4x4対応M.2 NVMe SSD(Key M)
ストレージの空き容量250GB~8TB
対応サイズ2230 / 2242 / 2260 / 2280 / 22110
放熱機構を含むサイズ幅:最大25mm長さ:30 / 40 / 60 / 80 / 110mm
高さ:最大11.25mm
(基盤から上8.0mmまで / 基盤から下2.45mmまで)
シーケンシャル読み込み速度5,500MB/秒以上を推奨
ソケットタイプSocket 3(Key M)
引用:PS5にM.2 SSDを取り付ける方法|Playstation公式

ソニーが定める条件はかなり厳しめで、自作PCに詳しくない人は、この表を見てもすぐに理解できないかもしれません。

ポイントは、Gen4(ジェンフォー)対応と書かれている製品を目印に探すことです!

安いという理由だけでSSDを選ぶと、PS5非対応のモデルも多いので気を付けましょう。

1TB以上のSSDがおすすめ

続いて容量ですが、1TB以上の大容量がおすすめです。

グラフィック性能の高いPS5は、従来のソフトに比べて1本あたりの容量が大きくなっています。

たとえば、ホグワーツレガシーでは約80GBと、とても大きいファイルサイズです。

どのゲームも、アップデートDLCで容量が増えていくことを考えると、余裕を持ってストレージを空けておきたいものです。

新しいゲームを入れる度に不要なゲームデータや、写真や動画を削除するのも大変なので、できるだけ容量の大きいSSDが理想的

とはいえ、PS5の内蔵SSDは安くても1万円以上と、高い買い物になります。

容量が大きくなればそのぶん価格も上がるため、予算と相談しながら選んでいきましょう。

読み込み速度で選ぶ

読み込み速度が早いほどロード時間によるストレスを軽減し、快適なゲーム生活になります。

ソニーは5,500MB/秒以上を推奨していますが、7,000MB/秒以上の高速SSDがおすすめです!

ゲームは起動時やマップ移動、時折挟まる高画質のムービーなどで、絶えずロードをおこなっています。

PS5は元から高速なSSDが搭載されているので、以前のPS4に比べて各段に早くなりました。

しかし、長時間のプレイもサクサクで快適に遊びたいなら、7,000MB/秒以上のSSDを目安に、読み込み速度にもこだわりましょう!

放熱構造があるか確認する

PS5に使用する内蔵SSDは、ヒートシンク熱伝導シートといった放熱構造が必要です。

スマホやパソコンを長時間使用すると熱くなるように、SSDが搭載されている機器はデータの読み書き時に電力を消費し、その過程で熱が発生します。

この熱が蓄積されると、熱暴走によって性能が低下したり、最悪の場合は故障したりします。

高性能のSSDは発熱しやすいのがデメリットです。

ヒートシンクなどをSSDに取り付ける、または放熱構造のあるSSDを選び、熱のダメージからSSDを守りましょう。

あわせて読みたい
PS5の熱対策はどうすべき?専用グッズや設置場所などの対処法 この記事では、PS5の熱対策について書いています。 高性能で処理能力が高くグラフィックも綺麗。 PS5はハイパフォーマンスの素晴らしいゲーム機! しかし、高性能という...

PS5内蔵SSDおすすめ5選

ps5 内蔵 ssd おすすめ

それでは、PS5に対応したおすすめの内蔵SSDを5選紹介します。

自分で選ぶのが難しいと感じる方は、ぜひ参考にしてみてください。

Seagate FireCuda 530

容量500GB、1TB、2TB、4TB
耐久性最大5,100TBW
読込速度最大7,300MB/s
書込速度最大6,900MB/s

安定感で選びたいなら、耐久性に優れた「Seagate FireCuda 530」がおすすめです。

特徴は、最大5,100TBW(4TBの場合)という圧倒的な耐久力!

フルHDゲーム録画を、1時間50GB前後の書き換えがあっても、約35年分可能という驚異的な耐久性能を持っています。(参考:Seagate公式)

高耐久性に加え、最高7,300MB/sの超高速読み取り性能も持ち合わせています。

長時間プレイするプロゲーマーにも使われるくらい、安定感バツグンのSSDです。

価格は上がりますが、ヒートシンク付きを選べば別途買う必要がなく、初心者の方でもすぐに取り付けできますよ。

内蔵SSDで迷ったら、高耐久・高性能で安定感のある「Seagate FireCuda 530」がイチ押しです!

Hanye HE70-1TBNHS1

容量1TB、2TB、4TB
耐久性最大3,000TBW
読込速度最大7,450MB/s
書込速度最大6,600MB/s

HanyeのHE70は、アルミ製ヒートシンク搭載で放熱性の高いSSDです。

高熱によるゲームの強制終了や、ロード時間の低下を防ぎ、快適なゲームプレイをサポートします。

読み取り速度は、どの容量でも最大7,450MB/sと超高速!

高性能ながらも、1TBで約8,480円(税込)と比較的安いのもうれしいポイントです。

1万円の予算で、ヒートシンク搭載の1TBSSDを探している方にいかがでしょうか。

コルセア MP600 PRO LPX CSSD-F1000GBMP600PLPW

容量1TB、2TB、4TB
耐久性総書込容量 700TBW
読込速度最大7,100MB/s
書込速度最大6,800MB/s

コルセアのMP600 PRO LPXは、PS5に最適化された内蔵SSDです。

ソニーが定める必要スペックをすべて上回り、初めてでも簡単に装着可能!

読み取り速度は最大7,100MB/s、書き込み速度最大6,800MB/sにより、最近の大型ゲームファイルもスムーズにロードが完了します。

放熱効率の高いアルミ製ヒートシンク付きで、熱暴走が起こりにくい仕様です。

コルセア製SSD専用ソフト「CORSAIR SSD Toolbox」を使用すれば、いつでもストレージの状態が分かり、ドライブを最適化してSSDの寿命を伸ばすこともできます。

PS5に最適化されたSSDなら、コルセアの「MP600 PRO LPX」が特におすすめです!

kingston FURY SSD Renegade

容量500GB、1TB、2TB、4TB
耐久性500GB:500TBW
1TB:1,000TBW
2TB:2,000TBW
4TB:4,000TBW
読込速度最大7,300MB/s
書込速度最大7,000MB/s

キングストンは米国に本社を置く、世界No.1のメモリとSSDのメーカーです。

FURY SSD Renegadeは、超高速高耐久と安定感に優れています。

スリムで薄型のアルミ製ヒートシンクは、ゲーミングPCやゲーミングノートPCの激しい使用にも、耐えられる放熱性があります。

PS5においても、高温化によるエラーや強制終了を防いで、ゲームに集中できます。

容量は、少しだけ増やしたい方にも最適な500GBから、たくさんのゲームを遊びたいコアゲーマーにおすすめな4TBまで4種類あります。

SSDはシンプルなデザインも多いですが、キングストンらしいスタイリッシュなロゴがあるのも気分が上がりますね!

保証期間は5年と長期保証で安心かつ、高性能のSSDをお求めの方にいかがでしょうか。

ADATA LEGEND 960 MAX 

容量1TB、2TB、4TB
読込速度最大7,400MB/s
書込速度最大6,800MB/s

ADATAのLEGEND 960 MAXは、最新のPCIe 4.0を搭載したSSDです。

読み取り速度最大7,400MB/s、書き込み速度最大6,800MB/sと高速で、ゲームのラグを感じさせず、スムーズにゲームプレイができます。

特徴は、冷却機能に特化しているところです!

アルミニウム合金を使い、ハードディスクを完全に覆うことで、熱を最大限に放出させています。

さらに、多層構造された冷却フィンにより、SSDの温度を40%も低下させ、発熱による故障リスクを防止します。

ヒートシンクはセパレート形式のため、使用するかどうかは個人の判断で選択が可能です。

ヒートシンクは自分で選びたい」という人に、ADATAのLEGEND 960 MAXはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、PS5内蔵SSDの選び方と、おすすめのSSDを紹介しました。

SSDを探す際には、まずPlaystation公式に記載されている必須スペックを確認しましょう。

条件に満たないSSDは買っても使えないので、必ずチェックすることが大切です。

また、容量は1TB以上、読み込み速度は7,000MB/秒以上がおすすめです。

SSD初心者の方は、ヒートシンク搭載のものを選ぶと、知識不要で簡単に取り付けられます。

高性能のSSDは、約1万円以上する高い買い物です。

SSDの選び方に気を付けながら、容量を気にせずゲームを楽しんでみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次